お金借りられるなら

お金を借りるんだったらカードローンにしようって思ってました。一番簡単なのはクレジットカードのキャッシングかな?って思ったんだけど、クレジットカードのキャッシングは金利が高いんですよね。しかも私が持っているクレジットカードにはキャッシングの枠がなかったんです。キャッシング枠が0円だったんです。なのでクレジットカードでキャッシングしようと思ったら、クレジットカード会社に連絡をして手続きをしなければならなかったんです。もしかしたらインターネットでもできたのかも知れないけれども、どっちみち何かしらの手続きをしなければならなかったんです。お金借りられるならカードローンの申し込みをするのとあまり変わらないかな?って思ってカードローンの申し込みをしました。カードローンの方がクレジットカードのキャッシングよりも金利も低いし、借入限度額も多いと聞いていたので。カードローンの申し込みはインターネットでしました。申し込みはとても簡単でした。カードローン会社のホームページから申し込みのボタンをクリックして、その後は画面に従って必要事項を入力して送信ボタンを押すだけ。これだけで申し込みは完了でした。申し込んですぐに仮審査の通過の連絡がありました。その後本審査があり、それに通過するとカードローンの契約は完了です。とても簡単でした。お金借りられるんだったら、いくつかの融資先を検討しておくべきだなと思いましたね。

ローンの審査に通るかどうか

住宅購入を考えているのですが、ローンの審査に通るかどうかが心配なのです。
というのも過去にクレジットカードでのキャッシング歴が何度かあり、残高不足でクレジットカードの支払いの延滞をしたこともあるんです。すぐに気がついて支払いをしたのですが、色々と調べてみるとそういった個人の借り入れの情報や延滞の情報は個人信用情報機関を通じて銀行などが保有しているようなのです。
当然住宅ローンの審査の時にもその情報は審査の対象になるでしょうから、もしかしたら審査に通らないのではないかと心配です。
現在はクレジットカードでのキャッシングはしていませんし、カードローンの利用はしたことがありません。個人信用情報機関に情報の開示を請求することもできるようですが、それを知ったからといってローンの審査に通るわけでもないでしょう。
やはり安易にクレジットカードのキャッシングなどを利用したのが悪かった。特にお金に困ったわけではなく、飲み会代やパチンコ代に消えていっただけのお金でした。本当に困ったときにはクレジットカードのキャッシングやカードローンなどは即日現金を手に入れることができるので大変便利だとは思いますが、やはり安易に利用するべきではなかったと反省しています。